グリースバルブ - DR6潤滑バルブ

//自動給油方向制御弁DR6、油圧制御、方向性給油弁、DR6シリーズ

自動給油方向制御弁DR6、油圧制御、方向性給油弁、DR6シリーズ

DR3-4油圧式ディレクショナルバルブ

製品: DR6自動油圧制御、方向弁
製品の利点:
1。 マックス 40Mpaまでの操作
2。 圧力調整範囲:5 -38Mpa
3。 二重ラインターミナルタイプの潤滑システムに対応

DR6自動油圧式方向切換弁は、高圧​​、大型グリース排出用二重ラインターミナル中央潤滑システム向けに特別に設計されています。

DR6自動油圧バルブの新開発設計は、2ラインターミナルグリースまたはオイル集中潤滑システムのイノベーションであり、DR6は電磁/電気2ポジション四方バルブと圧力制御バルブ、元の潤滑に使用される圧力スイッチを統合していますシステム、1つの機能で2つのデバイスの組み合わせは、大幅に潤滑システムの電気制御を最適化するために、潤滑装置の大きなサイズと電気制御セクションの失敗の確率を大幅に削減します。

DR6自動油圧方向弁の使用法:

  1. DR6の自動油圧式方向性バルブは、40MPaの公称圧力、潤滑システムの150ml / min以上の変位、実際の最大圧力で使用することを推奨します。 切り替えの圧力は38MPaを超えてはなりません。
  2. 2.バルブ入口が潤滑油ポンプのグリースまたは給油ポートに接続されていることを確認してください。DR6バルブの戻りポートが戻りラインに接続し、オイル戻しラインが塞がれていないことを確認してください。
  1. 潤滑システムの作業操作に従って、DR6バルブの適切な圧力プリセット調整を設定する必要があります(圧力を上げるために圧力スイッチを増やし、左ハンドルは圧力を下げるために圧力を変えます)、速やかに締め付けます調整後にスクリューナットを締めてください。
  2. 定期的に潤滑システム内の二重ライン潤滑配管の動作を確認し、作動圧力が低すぎる場合は、切替え圧力を速やかに高めに調整する必要があります。

自動給油方向弁DR6シリーズの技術データ

モデル マックス。 圧力 圧力のAdj。 スイッチタイプ 重要度
DR6 40Mpa 5-38Mpa LX20-4S 10Kgs

自動給油方向弁DR6シリーズの寸法

DR6-液圧方向弁の寸法

2018-09-21T01:40:46+00:00