給油ポンプ - 手動グリースポンプ

//潤滑ポンプSRB-J(L)、FBシリーズ - 手動グリースポンプ、手動操作潤滑ポンプ

潤滑ポンプSRB-J(L)、FBシリーズ - 手動グリースポンプ、手動操作潤滑ポンプ

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズ

製品SRB-J7G-2(FB-4A); SRB-J7G-5(FB-6A); SRB-L3.5G-2(FB-42A); 手動グリースポンプマニュアル操作、グリースポンプのSRB-L3.5G-5(FB-62A)

SRB-J(L)&FBシリーズと同等のコード:
FB-4Aは、SRB-J7G-2に等しいです
FB-6Aは、SRB-J7G-5に等しいです
FB-42Aは、SRB-L3.5G-2に等しいです
FB-62Aは、SRB-L3.5G-5に等しいです

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズは、小さな潤滑用の潤滑システムに搭載されたグリースポンプの潤滑、手動操作です。 それはコンパクトなサイズと軽量でデザインであるために手動グリースポンプSRB-J(L)は、FBは、通常は直接のマシンの側に設置されています。

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズアプリケーション。
- 手元操作、2つのライン分周バルブを装備した場合に利用可能なデュアルライン集中潤滑システム
- 、80は設定よりも潤滑個所に複数のない単一の小さなマシンへのグリースの供給定量
- 集中潤滑油供給装置として

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズのコードを注文します

SRB J 7 G 2
(1) (2) (3) (4) (5)

(1) SRB(FB)シリーズ =手動グリースポンプ
(2)作動圧力
:J = 100bar / 1450psi。 L = 200bar / 2900psi
(3) 変位
:7 = 7mL /ストローク。 3.5 =ミリリットル/ストローク
(4) G
= メディアとしての潤滑グリース
(5) 貯水池のボリューム
:2 = 2L。 5 = 5L

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズ技術情報:

モデル(イコールコード) 操作圧力 摂食巻 貯水池サイズ 重要度
SRB-J7G-2 FB-4A 100bar 7mL /ストローク 2L 18kg
SRB-J7G-5 FB-6A 5L 21kg
SRB-L3.5G-2 FB-42A 200bar 3.5mL /ストローク 2L 18kg
SRB-L3.5G-5 FB-62A 5L 21kg

注:コーン貫入265(25°C、150g)1 / 10mmグリース(NLGI0#-2の#)用の培地を使用し、粘度グレードの潤滑剤はN68、周囲温度-10°C〜40°C以上です。

手動グリースポンプSRB-J(L)の動作原理、FBシリーズ

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズ動作原理

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズは、ギアによって強制ギアピストンを往復運動させるために、ポンプのハンドルを駆動して取り組んでいます。
1。 そこに右室でにはグリスがなく、スイッチピストンが右室の端に移動したとき、左室は、グリースがいっぱいです。
2。 スイッチピストンは、ハンドルを操作しながら、左室を移動し始め、左室に入口ポートを開閉チェックし、方向制御弁を介して、チャネルBの供給に潤滑グリースが加圧されます。
3。 右室の容積が増大が徐々にピストンが左位置決幅の末尾にフォワーダを移動するときの真空現象があります。 そして、右室の入口ポートが開いていて、潤滑グリースは、大気圧によってで加圧されます。
4。 全体グリース処理は、方向制御弁の切替により支持されています。 方向制御弁のボタンを押すと、潤滑油はチャネルBを通って流れ、方向制御弁のボタンを引き出しつつ、潤滑グリースは、主管路Aを流れます。

手動グリースポンプSRB-J(L)、FBシリーズのインストール寸法

モデル H H1
SRB-J7G-2 576 370
SRB-J7G-5 1196 680
SRB-L3.5G-2 576 370
SRB-L3.5G-5 1196 680
2018-08-17T10:43:54+00:00
テキストをコピーしないでください!