計量装置 - デュアルライングリース潤滑剤ディストリビュータ

//潤滑装置のVSL4 - 2つのライングリース計量装置

潤滑装置のVSL4 - 2つのライングリース計量装置

二つのライン計量装置VSL4

製品: 大流量でVSL4-KR 2つのライン計量装置
製品の利点:
1。 原材料の質の高さ:バルブ家として選択45#炭素鋼の原料は、潤滑システムで信頼性の高い動作を行う、各部品の寿命を進めます。
2。 厳密に各製品のテスト済み:32#または46の#鉱油の薄いテストオイルを使用したが、完全に迅速かつスムーズに長距離潤滑スポットに潤滑します。
3。 交換産業寸法:標準の産業施設の寸法は簡単に交換して装備を作り、予算のために修理費用を節約します。

潤滑装置VSL8紹介

入口ポートは、オイルパイプを供給して接続された2つのラインの計量装置のVSL4-KRの4口供給ポートがあり、潤滑剤は、潤滑ポンプで移し、電力が供給されます。 切換弁は、このように、このメインラインに潤滑剤を加圧し、潤滑ポンプにメインラインを接続します。 制御ピストンが緩和メインラインに先行制御ピストンの潤滑剤を変位、インジケータ近傍のチャネルの方向に移動します。

制御ピストンは、接続通路が明らかにするとき、潤滑油が吐出ピストンの左端に移​​し、インジケータの近傍におけるチャネルの方向に右に変位されます。 先に吐出ピストンの潤滑剤が潤滑ポイントに接続通路を介して転送されます。 その末端位置に吐出ピストンと、主ライン内の圧力が予め設定された切換2ラインシステムの圧力に達するように上昇し続けます。 この段階で、切替弁が再びメインライン内の圧力変化オーバーの原因となり、ステージに記載したようにサイクルが繰り返される、2つのラインの計量装置VSL4-KRが完了作業サイクルを終了します。

デュアルライン - 潤滑剤-Distributor-内部構造

二つのライン計量機器のコードを注文VSL4

VSL 2 / 4 / 6 / 8 KR *
(1) (2) (3) (4)

(1)VSL = VSLシリーズ2ラインの計量分周器
放電(2)番号(出口)= 2ポート/ 4ポート/ 6ポート/ 8ポート
(3)KR = インジケータピンとプログレッシブ調整付き
(4)* = さらに詳しい情報

二つのライン計量装置VSL4技術データ

モデル:
VSL 4-KR
原材料:
45#炭素鋼の高強度
使用圧力:
マックス。 操作圧力:400bar / 5800psi
ミン。 圧力
35bar / 508psi
出力ボリューム
0〜5.0cm3調節可能/ストローク、
各ターンの流れを調整します
0.15cm3
メインラインのねじ接続:
G3 / 8
ラインのねじ接続をフィード:
G1 / 4

最小注文数量:
ご相談ください
パッケージ:
エクスポートするための強力な箱またはカートンと
媒体:
N265潤滑油の粘度グレード以上(#NLGI25#〜150)1(10°C、0g)2 / 68mmグリース未満以上のコーン貫入のための
商品代引:
通常8-25営業日、数量、標準またはカスタム設計に依存
表面処理:
亜鉛は、腐食の抵抗のためのメッキ
原産地:
中国

二つのライン計量装置VSL4加工作業グラフィック

加圧された潤滑剤は、主回線Iを介して計量装置へ供給される制御ピストン(1)は安心したメインラインIIに制御ピストンの前に潤滑剤を変位、矢印Aの方向に移動を開始します。

デュアルライン分周器、バルブ加工操作グラフィックステップ-1

デュアルライン分周器、バルブ加工操作グラフィックステップ-2

制御ピストン(1)が接続通路を暴くとき(2)潤滑剤が、分注ピストン(3)の右端に転送されることにより、矢印Aの方向に左にそれを移動させます
先に吐出ピストンの潤滑剤の量は、潤滑箇所への接続通路(4)を介して転送されます。 その末端位置で分配するピストンと、メインラインの圧力は私がプリセット切替2ラインシステムの圧力に到達するために上昇していきます。 この段階で、システムの切替弁は、これまで、潤滑ポンプの潤滑剤リザーバに圧力下であったIメインラインに接続するように動作します。

同時に、切替弁は、このように、このメインラインに潤滑剤を加圧する、給油ポンプにメインラインIIを接続しています。 制御ピストン(1)は安心した本線I.へ前方に制御ピストンの潤滑剤を変位、矢印Bの方向に移動します

デュアルライン分周器、バルブ加工操作グラフィックステップ-3

デュアルライン分周器、バルブ加工操作グラフィックステップ-4

制御ピストン(1)が接続通路(5)を暴くときに潤滑油が吐出ピストン(3)の左端に移​​し、矢印Bの方向に右前方に分配するピストン(3の潤滑油に変位され、 )潤滑ポイントに接続通路(6)を介して転送されます。 その末端位置で吐出ピストン(3)で、メインラインII内の圧力は、2行のシステムのプリセット切り替え圧力に到達するために上昇していきます。 この段階では、切替弁は再びステージ1で説明したようにIとIIとのサイクルが繰り返されるメインラインに圧力変化するオーバーが発生します。

二つのライン計量デバイスVSL4出力音量調整

ロックねじEと調整ネジFがその最上位置にある場合に変化無限に可変調整するための2つのラインの計量装置VSL4のKRおよび潤滑出力の視覚indication.Infinitely可変調整F.最大出力ねじ調整を回転させることによって達成されるが利用可能です。 下方ねじを回して出力が連続的に低減することができます。 その完全に閉じた位置に2本のネジで、インジケータピンGは完全に抑制され、ピンは、吐出ピストンに直接結合されているので、潤滑出力はほぼゼロとなります。 表示ピンは出口の一対の正しい機能を示します。 潤滑出力を設定した後、調整ネジFが表示ピンが後退するだけ調整ねじをロックし、設定を固定するネジE.の手段によって所定の位置にロックされます。

VSL分圧器vavle-出力ボリューム調整法

二つのライン計量装置VSL4調整カーブ

デュアルライン潤滑剤・ディストリビュータ-operatation曲線

二つのライン計量デバイスVSL4設置寸法

計量装置のインストール - 寸法
モデル VSL 4-KR
外側ポート 4
L1(ミリメートル) 62
L(mm)と 76
2017-03-02T05:24:51 + 00:00