手動潤滑ポンプsrb kmポンプ

製品 : SRB-2.0-1.0-DGまたはSG(KM-3M)。 SRB-2.0-3.5-DGまたはSG(KM-12M)。 SRB − XNUMX − XNUMX − DまたはS(KMO − XNUMXM)。 手動給油ポンプのSRB-2.5-1.5-DまたはS(KMO-3M)手動操作、グリース潤滑

KM&SRBシリーズと同等のコード:
KM − XNUMXM = SRB − XNUMX − XNUMX − DG。 SRB-3-2.0-SG
KM − XNUMXM = SRB − XNUMX − XNUMX − DG。 SRB-12-2.0-SG
KMO − XNUMXM = SRB − XNUMX − XNUMX − D。 SRB-3-2.5-S
KMO − XNUMXM = SRB − XNUMX − XNUMX − D。 SRB-12-2.5-S

SRB、KMシリーズの手動潤滑ポンプは手動で、グリース潤滑、小型ポンプで、通常は機械の壁やブラケットに取り付けられています。
SRB、KMシリーズの手動潤滑ポンプは、プログレッシブバルブ付き手動プログレッシブ集中潤滑システム、または方向制御バルブとデュアルディバイダーバルブが装備されている場合はデュアルターミナル集中潤滑システムと組み合わせることができます。
SRBの手動潤滑ポンプ、KMアプリケーション:
- 潤滑の頻度が低い場合に適用されます(グリース/オイル供給間隔が通常8時間未満の場合)。
- DN10で長さが50メートル以下のパイプ用
- 潤滑ポイントが40ポイント以下の単一の小型装置用
- 集中潤滑装置供給の潤滑剤として

手動給油ポンプSRBシリーズの注文方法

SER(KM)2.0 - 1.0 - DG
(1)(2)(3)(4)(5)

(1) SRB (KM)シリーズ =手動潤滑ポンプ
(2) 変位
= 2.0mL / stroke; 2.5mL /ストローク
(3) 貯留量
= 1.0L; 1.5; 3.5; 5.0
(4) D
=二重回線 ; S =単一行
(5) G
=媒体としてのグリース ; O =メディアとしての油

手動給油ポンプSRB、KMシリーズ技術データ:

モデル(等しいコード)呼び圧力レートフローグリースタンク 重要度
SRB-2.0 / 1.0-DGKM-3M200Bar2mL /ストローク1L10kg
SRB-2.0 / 1.0-SGKM-3M200Bar2mL /ストローク1L12kg
SRB-2.0 / 3.5-DGKM-12M200Bar2mL /ストローク3.5L19kg
SRB-2.0 / 3.5-SGKM-12M200Bar2mL /ストローク3.5L21kg
SRB-2.5 / 1.5-DSME-3M10Bar2.5mL /ストローク1.5L10kg
SRB-2.5 / 1.5-SKM-12M10Bar2.5mL /ストローク1.5L12kg
SRB-2.5 / 5.0-DSME-12M10Bar2.5mL /ストローク5L18kg
SRB-2.5 / 5.0-SSME-12M10Bar2.5mL /ストローク5L20kg

注意:コーン浸透用媒体の使用265(25°C、150g)1 / 10mmグリース(NLGI0#-2#)および粘度グレード潤滑剤は、N68、周囲温度-10°C〜40°Cを超えています。

手動給油ポンプの基本原理SRB、KMシリーズ

手動潤滑ポンプ-SRB、-KM-作業原理
1 =ギア。 2 =ピストン。 3 =ピストン室。 4 =スプール。 5 =チェックバルブ

手動給油ポンプSRB、KMシリーズはギヤ1およびギヤピストンを通して油を差すために作動し、鋼鉄ハンドルによって往復運動をさせます。 ピストンが正しい位置にあるとき、左側の部屋の容積は真空からまで増加し、それからグリースまたはリザーバの中のばねは、ピストンの左側の部屋に加圧されます。
ピストンが左側に移動すると、内部の潤滑グリースがチャンネルAに押し付けられ、スプール4を右位置の最後まで押すと、グリースまたはオイルが開いているチェックバルブ5から流出します。 瞬間的にピストンの右側室が増えるので、潤滑油が圧入され、ピストンが右側に移動しながらピストンが全潤滑油室に徐々に狭くなります。 潤滑油はチャネルBに加圧され、スプール4を左側に押してチェックバルブ5を開き、グリースまたはオイルを排出します。
方向制御弁は手動潤滑ポンプSRB、KMシリーズの底部に装備されており、二重ライン供給は弁レベルの操作によって方向制御弁のスプール位置を切り替える場合に利用可能です。

手動給油ポンプSRB、KMシリーズ取付寸法

手動給油ポンプSRB、KMシリーズ寸法手動給油ポンプSRB、KMシリーズ寸法