自動給油方向制御弁DR4

製品: DR4-5自動給油逆転バルブ
製品の利点:
1。 自己管理、 逆転 切換弁
2 0〜20Mpaからのプリセット圧力、簡単調整
3 信頼できる操作と圧力制御、野生の圧力調整
適用:
DRB-P ; HB-P(L) ; DRB-50

自動潤滑逆転バルブDR4-5シリーズは、電気端子型集中潤滑システムに使用され、潤滑ポンプは潤滑剤を2本の主供給管に移送し、バルブには圧力調整機能が付いており、 0〜20Mpa、そして調整が簡単で、自動給油方向制御弁DR4の構造はシンプルで信頼性の高い作業です。

自動給油方向制御弁DR4機能

自動給油切換弁DR4-5
ピストン1上のブロックによって強制調整され、自動給油方向制御弁DR1(図4)のチャンバーチャンネル内のバルブハウスの左側にあるピストン1、ピストン1、オイルアウトレット2とオイルアウトレット1にそれぞれ接続されている。

圧油は、オイル注入口からピストン3(図2)の2つのキャビティに入ります。そこでは、左室の圧油がオイル排出口1を通って流出し、圧油がオイルの左端に作用します。ピストン3は、バルブハウスの右側にあるピストン1の内部キャビティを通り、その後、ピストン3はバルブハウスの右側にとどまり、一方、ピストン3の右側は、オイルリターンポートと対面します。 キャビティ圧油の右側は、ピストン2によって閉じられ、ピストン1の左端(出口圧力)がピストンにかかるばねの力を克服すると、ピストン1は左側に、ピストン2は左側に押し付けられる。左にも。

ピストン1とピストン2がバルブハウスの右端に移動すると(図3)、ピストン3の左側がオイルリターンポートに接続され、ピストンの右側に圧油が作用します。 3は、ピストンをバルブハウスの左側に押して、ピストン2の内腔を通ります。 このとき、ピストンXNUMXの右側のキャビティ内の圧油はオイル出口XNUMXから流出し、左端の圧油はピストンXNUMXによってシールされる。 ピストンXNUMXの右端の圧力(出口圧力)がピストンに対するスプリングの作用を克服すると、ピストンXNUMXは右にシフトし、ピストンXNUMXは右にシフトする。 ピストン3およびピストン2がバルブハウスの左端に移​​動すると、ピストン1の右側がオイル戻りポートに接続され、圧油がピストン2の左側に内部キャビティを介して作用します。ピストン2、ピストンをバルブハウスの右から右に押すと(図の1)、作業サイクルが完了します。

注:潤滑方向切換弁の切換状態を検出する場合、高圧オイルが「オイルポート1」から「オイルポート2」に移動すると、バルブピストンの動き、バルブに切換信号送信機を取り付けることができます。信号送信機内の接点が閉じられ、ピストンが逆方向に動かされると、接点が切断され、送信機を必要に応じて制御装置または監視装置に接続することができる。
さらに、トランスミッタに透明チューブが付いているオペレータは、インジケータロッドの動きを直接観察できます。

自動給油逆転弁DR4シリーズの技術データ

モデル圧力範囲プリセット圧力適用システム
ループタイプスプレー
DR43.5〜20Mpa10.5Mpaはいはい