DR3-4油圧方向制御バルブ

製品: DR6自動油圧制御、方向制御バルブ 
製品の利点:
1 最大 40Mpaまでの操作
2 圧力調整範囲:5 - 38Mpa
3.デュアルラインターミナルタイプの潤滑システムで利用可能

DR6自動油圧方向切換弁は、高圧​​、大グリース置換量のデュアルラインターミナル集中潤滑システム用に特別に設計されています。

DR6自動油圧方向弁の新しい開発設計は、6ライン端子グリースまたはオイル集中潤滑システムの革新です。DRXNUMXは、電磁/電気二位置四方弁と圧力制御弁、元の潤滑で使用されていた圧力スイッチを統合します。システム、XNUMXつの機能のXNUMXつのデバイスの組み合わせ、したがって、潤滑装置の大きなサイズと電気制御セクションの故障の可能性を大幅に削減し、潤滑システムの電気制御をさらに最適化します。

DR6の自動油圧方向弁の使用法:

  1. DR6自動油圧切換弁は、40MPaの公称圧力、潤滑システムの150ml / min以上の変位、実際の最大圧力での使用をお勧めします。 切り替え圧力は38MPaを超えてはいけません。
  2. 2。バルブインレットPが潤滑ポンプグリースまたはオイル供給ポートに、DR6バルブリターンポートがリターンラインに接続され、オイルリターンラインが詰まっていないことを確認してください。
  1. 潤滑システムの作業操作によると、DR6バルブの好ましい圧力事前設定調整を設定する必要があります(圧力を増加させるために右に圧力スイッチねじ、左利きは圧力を減少させるために圧力を回します)、速やかに締めます調整後はねじナットを締めてください。
  2. 作動圧力が低すぎる供給されている場合、定期的に潤滑システムの二重ライン潤滑ディストリビュータの動作を確認してください、スイッチング圧力はすぐに少し少し高く調整する必要があります。

自動給油方向制御弁DR6シリーズの技術資料

モデルマックス。 圧力圧力調整スイッチタイプ重さ
DR640Mpa5-38MpaLX20-4S10Kgs

自動給油切換弁DR6シリーズの寸法

DR6-油圧方向バルブ寸法