以下に紹介するように、4タイプのデュアルライン潤滑システムがあります。
手動ターミナルデュアルライン潤滑システム:
方向制御弁によって供給され制御される潤滑剤 潤滑ポンプ (1)一方の供給パイプラインにグリースまたはオイルを供給し、もう一方のパイプラインにグリースまたはオイルをバレルに戻します。
のアクションながら デュアルライン潤滑剤分配器 ②が完了すると、供給圧力が急激に上昇し、油圧が事前設定値に達するまで潤滑システムの運転が完了したかどうかを判断します。
潤滑システムが再び作動すると、方向制御弁1aのスプールは反対の位置にあり、この時点でグリースまたは給油パイプラインが交換されます。

手動端子二重ライン潤滑システム

手動潤滑ポンプ   ①手動切換弁②デュアルライン潤滑剤分配器  ③グリースフィルター  ④プログレッシブデバイダ  ⑤プログレッシブデバイダのチェックバルブ
手動ターミナル二重ライン潤滑システムの特性:
デュアルライン手動ターミナル潤滑システムは、シンプルで低コストの機器です。
長い間隔のグリース供給に利用可能、少ない給油ポイント、また他の給油システムを装備した、そしていくつかの特別な部品。

電気ターミナル二重ライン潤滑システム:
電子制御キャビネット⑤のタイムリレーにより、グリースやオイルの供給として、事前に設定された間隔時間に応じて潤滑システムが自動的に作動します。 「延長給油時間」は給油異常、もう2つは警報信号等としての「給油空」「過負荷運転」です。実際に必要な時間に応じて、潤滑システムに応じたコマンドタイムリレーグリースまたはオイルに加えて、調整するために5〜XNUMX分。
給油管の端には圧力制御バルブまたは圧力スイッチバルブまたは2つの圧力スイッチバルブ④が装備されており、終了圧力が事前設定値に達すると、電気制御キャビネットに信号を送り、方向バルブ1aスイッチ、潤滑グリースまたはオイルの供給が完了すると、ポンプ①はシステムを停止して作動します。 設定した時間間隔の後、潤滑システムが再び作動し、他のメインラインからグリースまたはオイルを供給します。
潤滑システムは通常、グリースの供給時間に応じて5分以内(最大8分)に設計されます。 差圧スイッチ/圧力制御バルブの標準設定圧力は約5MPaです。
圧力スイッチ/圧力制御バルブは、圧力損失が最大の側である燃料供給パイプの端に設定されています。グリースの最後の更新を容易にするために、潤滑ディストリビュータを後ろに設置することをお勧めします。
小規模および中規模の潤滑システムの場合、電気配線の都合上、フロントエンド圧力制御接続と、圧力コントローラーを並行して設置するための方向バルブの2つの出口があり、最後に設置する必要はありません差圧スイッチ/圧力制御バルブ。
電気端子二重線潤滑システム

電気潤滑ポンプ  ①aソレノイド作動方向弁②デュアルライン潤滑剤分配器  ③グリースフィルター  ④プレッシャースイッチ/プレッシャーバルブ⑤電気制御ボックス

電気端子デュアルライン潤滑システムの特性:
パイプラインのコストは低くなります。 システムとしての端部圧力の使用は、オイル制御パラメーターの作業を完了し、設計を容易にします。 幅広い作業場面の潤滑点分布に適しています。

電気ループデュアルライン潤滑システム:
潤滑システムの電気制御キャビネット④に設置されたタイムリレーは、設定された間隔時間に応じてグリースやオイルを自動給油し、給油異常が作動する「オイルを延長する」コマンドタイム、その他、「オイルタンクが空」、「負荷操作が多すぎる」、その他のアラーム信号があります。 作業に必要な実際の時間に加えて調整に2〜5分を加えた、システムに応じたコマンド時間リレー。
油圧方向制御弁1aには、2つのオイル供給メインパイプを切り替えて、メインオイル供給パイプの端部の圧力を制御する機能があります。 メインオイル供給パイプの端部の圧力が油圧方向制御弁の設定圧力に達すると、油圧方向制御弁が切り替えられ、電気制御キャビネットに信号を送信します。その後、潤滑ポンプ①が停止し、潤滑システムが作動します別のメインからグリースまたはオイルを供給するために再び動作します。
電気ループ潤滑システムの設計は通常、給油時間の5分以内(最大8分以内)の設計、油圧バルブの標準設定圧力を5MPaに設定します。
電気ループ二重線潤滑システム
電気潤滑ポンプ  ①a油圧式方向弁②デュアルライン潤滑剤分配器  ③グリースフィルター  ④電気制御ボックス

電気ループデュアルライン潤滑システムの特性:
方向制御弁スイッチの供給管の端の直接制御、信頼性の高いアクション。 方向制御弁は潤滑ポンプに取り付けられており、電気配線のコストは低くなっています。 圧力調整は、潤滑ポンプ、メンテナンス、検査の利便性で利用可能です。 より集中した機会の潤滑ポイントに適しています。

電気二次段分配デュアルライン潤滑システム:
電気二次段分配二重線潤滑システムの基本的な動作は、電気端子二重線潤滑システムとほぼ同じです。
二次分配は、二次供給パイプラインに接続された2ライン分配器②プログレッシブ潤滑分配器へのアウトレット③グリースまたはライン供給によって配置されます。ポイント。
潤滑ディストリビューター(2)と(3)の間に長いパイプがある場合、圧力制御バルブ(6)を使用して潤滑ディストリビューター(3)の動作を完全に保証し、メインパイプの圧力を上げますライン。 圧力制御バルブは、圧力スイッチ/圧力制御バルブ⑤から1メーター内のメインパイプに取り付けられています。
圧力スイッチ/圧力制御バルブの後にデュアルライン潤滑ディストリビューターを設置する必要があります。この潤滑ディストリビューターは、二次分配のためにプログレッシブディストリビューターと接続する必要はありません。 差圧スイッチ/圧力制御バルブは、通常、最大圧力損失があるメインパイプラインの端に設置されます。
電気リングシステムは、二次分配、メインパイプライン上の1メーター内の油圧ポートからのリターンバルブに設置された圧力制御バルブを配置することもできます。
電気二次段階分配二重線潤滑システム

電気潤滑ポンプ  .A ソレノイド作動方向制御弁  ②デュアルライン潤滑剤分配器  ③プログレッシブディバイダ  ④グリースフィルター  ⑤圧力スイッチ/圧力弁⑤圧力制御弁法律プログレッシブディバイダーのチェック弁⑧電気制御ボックス

電気二次段分配デュアルライン潤滑システムの特性:
同じ量のグリースと集中的な機会の分布に、多くの潤滑ポイントに適しています。
小さなスペースは、ディスペンサーのアクションの機会、良い効果の使用を確認することは困難です。
圧力制御バルブと組み合わせて、細いチューブを使用できます。 サイトの集中度、簡単なメンテナンスと管理の確認。