グリース調量装置VSG2

対象と用途: VSG2-KRグリース調量装置
製品の利点:
1 高品質:原材料としての高強度炭素鋼は、各ポートの滑らかな流速を早め、外部漏れをほぼゼロに最小化します。
2 厳密にテストされた:グリースオイルより薄い、テストされた32#または46#鉱物油を使用して。 保証は長距離潤滑箇所を完全に潤滑します。
3 標準寸法:標準の設置寸法で、装置を簡単に交換し修理費用を大幅に節約できます。

グリース調量装置VSG2

グリース調量装置VSG2シリーズはグリース調量装置で、2つの注入口は給油管に接続され、潤滑ポンプで駆動されます。

潤滑グリースは、グリース調量装置VSG2の注入口に入り、パイロットピニオンを前方に押し下げて、メインピストンとパイロットピストンの上部チャンネルが互いに接続できるようにします。

潤滑グリースはメインピストンを下に加圧し、グリースまたはオイルを潤滑点まで運びます。 1ストロークが終了すると、ポンプは同じストロークを開始して他の入口ポートに潤滑油を供給します。メインピストンのストロークを変更することによって調整ボルトを調整することによって、供給グリースまたはオイル量を変更することができます。

複線 - 潤滑剤 - 分配器 - 内部構造

グリース調量装置VSG2の注文コード

VSG2 / 4 / 6 / 8 - KR*
1.)2.)3.)4.)

(1)VSG = VSGシリーズ2系統計量分配器
(2)放電数(アウトレットポート)= 2ポート/ 4ポート/ 6ポート/ 8ポート
(3)KR = インジケーターピンとプログレッシブ調整付き
(4)* = さらに詳しい情報

グリース調量装置VSG2特徴技術データ

モデル:
VSG 2-KR
原材料:
45#高強度炭素鋼
働き圧力:
最大 操作圧力:400bar / 5800psi
ミン。 圧力
35bar / 508psi
出力音量
0〜2.2cm3/ストーク、調整可能
各ターンで流れを調整する
0.14cm3
幹線ネジ接続:
G3 / 8
フィードラインねじ接続:
G1 / 4

最小注文数量:
ご相談ください
パッケージ:
強い箱か輸出のためのカートンを使って
媒体:
265(25°C、150g)1 / 10mmグリース(NLGI0#〜2#)以上またはN68潤滑剤粘度グレード以上のコーンペネトレーション用
商品の配達:
量および標準的なか注文の設計、通常8-25仕事日によって決まります
表面処理:
耐食性のための亜鉛メッキ
原産地:
中国

グリース調量装置VSG2ロックネジ位置

A - ロックネジ
B - 水平回転スライド:2アウトレット
- ロータリースライド垂直:1アウトレット
2本のメインラインが開放された状態で(すなわちポンプのスイッチが切られた時)、ロックネジAを閉じてロータリースライドBを90°回転させることができます。 回転スライドが位置XNUMXに置かれると、2つの出口間の接続通路は閉じられ、潤滑剤は2つの出口によって排出される。 回転スライドが位置XNUMXにある場合、接続通路は開いている。 この場合、2つの出口のうちの1つは閉鎖栓によって閉鎖されなければならず、次いで二重の潤滑剤体積が他の出口によって放出される。

VSG 2ラインメータリング装置のネジ状態説明

グリース調量装置VSG2作動操作グラフィック

加圧された潤滑剤は主管路Iを介して計量装置に供給される。制御ピストン(XNUMX)は矢印Aの方向に動き始め、制御ピストンの前の潤滑剤を解放された主管路IIに移動させる。

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ1

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ2

制御ピストン(XNUMX)が接続通路(XNUMX)を開放すると、潤滑剤が分配ピストン(XNUMX)の右端に移送され、それによってそれを矢印Aの方向に左に移動させる。
ディスペンシングピストンより先の潤滑剤量は、接続通路(4)を介して潤滑点に移動します。 分配ピストンがその終端位置にあると、主ラインI内の圧力は上昇し続け、2ラインシステムのプリセット切換え圧力に達する。 この段階で、システムの切換弁は、これまで加圧状態にあったメインラインIを潤滑ポンプの潤滑剤貯蔵容器に接続するように動作する。

同時に切換弁は主管路IIを潤滑ポンプに接続し、かくしてこの主管路内の潤滑剤を加圧する。 制御ピストン(XNUMX)は矢印Bの方向に移動し、潤滑剤を制御ピストンの前方で解放された主ラインI内に移動させる。

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ3

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ4

制御ピストン(1)が接続通路(5)を開放すると、潤滑剤は分配ピストン(3)の左端に移​​動し、それを矢印Bの方向に右に移動させます。分配ピストン(3)の前方の潤滑剤)は、接続通路(6)を介して注油ポイントに移動します。 ディスペンシングピストン(3)が終端位置にあると、メインラインIIの圧力は上昇し続け、2ラインシステムのプリセット切り替え圧力に到達します。 この段階で、切換弁は再び主ラインIおよびIIにおいて圧力切換を引き起こし、サイクルは段階XNUMXに記載されるように繰り返される。

グリース調量装置VSG2出力音量調整

無限可変調整および視覚的表示のための変動KR。調整ねじFを回転させることにより、潤滑油出力の無限可変調整が達成されます。ロックねじEおよび調整ねじFが最上位置にある場合、最大出力が得られます。 ネジを下に回すと、出力を連続的に減らすことができます。 2本のネジが完全に閉じた位置にあると、インジケーターピンGは完全に拘束され、ピンがディスペンシングピストンに直接取り付けられているため、潤滑油の出力はほぼゼロになります。
インジケータピンは一対のコンセントの正しい機能を示しています。 潤滑剤の排出量を設定した後、調整ネジFはネジEで固定されます。
設定を固定するには、インジケーターピンが引っ込んだときにのみ調整ネジをロックします。

VSL分周器出力音量調整方法

グリース調量装置VSG2調整曲線

複線潤滑剤 - 分配器 - 作動曲線

グリース調量装置VSG2取り付け寸法

計量装置の設置寸法
モデルVSG 2-KR
外部ポート2
L1(mm)30.5
L(mm)44.5