グリース調量弁VSG6

対象と用途: VSG6-KR 2ライン計量装置
製品の利点:
1 材料による品質保証:原材料としての高強度炭素鋼は、各ポートの円滑な流速を進め、外部漏れをほぼゼロに最小化します。
2 厳密にテストされた品質保証:テストされた32#または46#鉱油を使用して、グリース油より薄くなります。 保証は長距離潤滑箇所を完全に潤滑します。
3 生産加工による品質保証:方向性のある動きをスムーズにしながら、応力を高めるための処理、スプール表面の微細研削加工を強化。

グリース調量バルブVSG6

VSG6シリーズのグリース調量弁は集中給油システム用で、各給油箇所にグリースまたはオイルパイプと6つの給油口を供給します。 グリース調量弁は、ほこり、濡れた、苛酷な環境で作業するときは保護カバーを装備する必要があります。

グリースの量を調整するときは、制限されたロッドの調整ネジを回して、潤滑点の要件に従って最小または最大のグリースまたは給油量を調整してください。 調整処理は後部のインジケーターが位置したときに行い、調整後にネジを締めてください。 アウトレットが1、3、5、7の奇数の場合、ブロックナットはフィードアウトレットポートにネジ止めする必要があります。その場合、グリース調量バルブでピストンが正しく作動する場合は、フィードオイルチャンネルは互いに接続され、潤滑されます。

複線 - 潤滑剤 - 分配器 - 内部構造

グリース調量弁VSG6の注文コード

VSG2 / 4 / 6 / 8 - KR*
1.)2.)3.)4.)

(1)VSG = VSGシリーズ2系統計量分配器
(2)放電数(アウトレットポート)= 2ポート/ 4ポート/ 6ポート/ 8ポート
(3)KR = インジケーターピンとプログレッシブ調整付き
(4)* = さらに詳しい情報

グリース調量弁VSG6テクニカルデータ

モデル:
VSG 6-KR
原材料:
45#高強度炭素鋼
働き圧力:
最大 操作圧力:400bar / 5800psi
ミン。 圧力
35bar / 508psi
出力音量
0〜2.2cm3/ストーク、調整可能
各ターンで流れを調整する
0.14cm3
幹線ネジ接続:
G3 / 8
フィードラインねじ接続:
G1 / 4

最小注文数量:
ご相談ください
パッケージ:
強い箱か輸出のためのカートンを使って
媒体:
265(25°C、150g)1 / 10mmグリース(NLGI0#〜2#)以上またはN68潤滑剤粘度グレード以上のコーンペネトレーション用
商品の配達:
量および標準的なか注文の設計、通常8-25仕事日によって決まります
表面処理:
耐食性のための亜鉛メッキ
原産地:
中国

グリース調量弁VSG6ロックネジ位置

A - ロックネジ
B - 水平回転スライド:2アウトレット
- ロータリースライド垂直:1アウトレット
2本のメインラインが開放された状態で(すなわちポンプのスイッチが切られた時)、ロックネジAを閉じてロータリースライドBを90°回転させることができます。 回転スライドが位置XNUMXに置かれると、2つの出口間の接続通路は閉じられ、潤滑剤は2つの出口によって排出される。 回転スライドが位置XNUMXにある場合、接続通路は開いている。 この場合、2つの出口のうちの1つは閉鎖栓によって閉鎖されなければならず、次いで二重の潤滑剤体積が他の出口によって放出される。

VSG 2ラインメータリング装置のネジ状態説明

グリース調量弁VSG6作業要領グラフィック

加圧された潤滑剤は主管路Iを介して計量装置に供給される。制御ピストン(XNUMX)は矢印Aの方向に動き始め、制御ピストンの前の潤滑剤を解放された主管路IIに移動させる。

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ1

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ2

制御ピストン(XNUMX)が接続通路(XNUMX)を開放すると、潤滑剤が分配ピストン(XNUMX)の右端に移送され、それによってそれを矢印Aの方向に左に移動させる。
ディスペンシングピストンより先の潤滑剤量は、接続通路(4)を介して潤滑点に移動します。 分配ピストンがその終端位置にあると、主ラインI内の圧力は上昇し続け、2ラインシステムのプリセット切換え圧力に達する。 この段階で、システムの切換弁は、これまで加圧状態にあったメインラインIを潤滑ポンプの潤滑剤貯蔵容器に接続するように動作する。

同時に切換弁は主管路IIを潤滑ポンプに接続し、かくしてこの主管路内の潤滑剤を加圧する。 制御ピストン(XNUMX)は矢印Bの方向に移動し、潤滑剤を制御ピストンの前方で解放された主ラインI内に移動させる。

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ3

二重ラインデバイダバルブ作業操作グラフィックステップ4

制御ピストン(1)が接続通路(5)を開放すると、潤滑剤は分配ピストン(3)の左端に移​​動し、それを矢印Bの方向に右に移動させます。分配ピストン(3)の前方の潤滑剤)は、接続通路(6)を介して注油ポイントに移動します。 ディスペンシングピストン(3)が終端位置にあると、メインラインIIの圧力は上昇し続け、2ラインシステムのプリセット切り替え圧力に到達します。 この段階で、切換弁は再び主ラインIおよびIIにおいて圧力切換を引き起こし、サイクルは段階XNUMXに記載されるように繰り返される。

グリース調量弁VSG6出力量調整

無限可変調整および視覚的表示のための変動KR。調整ねじFを回転させることにより、潤滑油出力の無限可変調整が達成されます。ロックねじEおよび調整ねじFが最上位置にある場合、最大出力が得られます。 ネジを下に回すと、出力を連続的に減らすことができます。 2本のネジが完全に閉じた位置にあると、インジケーターピンGは完全に拘束され、ピンがディスペンシングピストンに直接取り付けられているため、潤滑油の出力はほぼゼロになります。
インジケータピンは一対のコンセントの正しい機能を示しています。 潤滑剤の排出量を設定した後、調整ネジFはネジEで固定されます。
設定を固定するには、インジケーターピンが引っ込んだときにのみ調整ネジをロックします。

VSL分周器出力音量調整方法

グリース調量弁VSG6調整曲線

複線潤滑剤 - 分配器 - 作動曲線

グリース調量弁VSG6取付寸法

計量装置の設置寸法
モデルVSG 6-KR
外部ポート6
L1(mm)94
L(mm)108