製品: オイルグリースインジェクター
製品の利点:
1。 オイルまたはグリースの漏れを最小限に抑え、高熱潤滑用のバイトンOリング
2。 250bar(3600PSI)までの高圧、調整可能なオイルグリース出力
3。 SL-1、GL-1インジェクター、および他のブランドと交換可能な他のものに完全に交換

HL-1オイルグリースインジェクターの紹介

HL-1オイルグリースインジェクターは、グリースラインを供給することにより、各潤滑ポイントに特定の量のオイルまたはグリースを正確に供給するように設計されています。このオイルグリースインジェクターは小さな作業スペースに設置でき、より長いまたはより短い潤滑ポイント距離を可能にします、過酷な労働条件で動作する機械または機器に理想的に利用できます。 HL-1オイルグリースインジェクターは、潤滑装置用の直接シングルラインメータリングデバイスとも呼ばれ、潤滑ポンプによって動力を供給されて加圧され、各潤滑ポイントに潤滑油を押し込みます。

視覚的に示されたピンを使用して、適切な潤滑を得るためにネジを調整することにより、さまざまな作業条件に応じてオイルグリース潤滑の状態を調整できます。 HL-1オイルグリースインジェクターは、標準またはカスタマイズされたマニホールドに取り付けることができ、当社はさまざまな要求に応じて供給することができます。

HL-1オイルグリースインジェクターの注文コードと技術データ

HL-1 - G - C*
1.)2.)3.)4.)5.)

1.) HL = Hudsun Industryによる
2.) 1= シリーズ
3.) G = g タイプデザイン
L = L タイプデザイン
4.) C =主な材料はスチール(通常)です
S = 主な材料はステンレス鋼です
(5)詳細については

最高使用圧力 。 。 。 。 。 。 3500 psi(24 MPa、241バー)
推奨動作圧力。 。 。 。 。 2500 psi(17 MPa、172バー)
圧力をリセットします。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 600 psi(4.1 MPa、41バー)
サイクルごとの出力量。 。 。 。 ..以下の図面を確認してください
接液部 。 。 。 。 。炭素鋼、ステンレス鋼、銅、フッ素ゴム
推奨流体。 。 。 。 。 。 。 。 。 。 2°F(32°C)までのNLGI #0グリース

HL-1オイルグリースインジェクター「L」型設計構造

オイルグリースインジェクターHL-1 Lタイプデザイン

1. 調整ネジ; 2. ロックナット
3. ピストン停止プラグ; 4. ガスケット
5. ワッシャー; 6. バイトンOリング
7. ピストンアセンブリ; 8. 継手アセンブリ
9. プランジャースプリング; 10 春のショーン
11 プランジャー; 12 バイトンペーシング
13 入口ディスク; 14 バイトンパッキング
15 ワッシャー; 16 ガスケット
17 アダプターボルト; 18 アダプタ
19 バイトンパッキング

HL-1オイルグリースインジェクター「G」型設計構造

オイルグリースインジェクターHL-1 Gタイプデザイン

1. インジェクターハウス; 2. 調整ねじ
3. ロックナット ; 4. パッキングハウジング
5. ザークフィッティング; 6. ガスケット
7. アダプターボルト; 8. インジケータピン
9. ガスケット; 11 Oリング; 12 ピストン
13 春 ; 15 プランジャー
15 ワッシャー; 16 ガスケット
17 アダプターボルト; 18 アダプタ
19 入口ディスク

HL-1オイルグリースインジェクター操作ステージ

最初の段階(一時停止中)
最初の段階はHL-1インジェクターの通常の位置です。一方、オイル、グリース、または潤滑剤で満たされた吐出チャンバーは、前のストロークから来ますが、一方で圧力から解放され、スプリングを解放します。 HL-1インジェクターのスプリングは、再充電のみを目的としています。
インレットバルブは、オイルやグリースが入る高圧の下で開き、HL-1インジェクターピストンの上にある測定室に潤滑剤を導きます。

潤滑剤インジェクター操作ステージ1
HL-1潤滑剤インジェクター操作ステージ2

第2段階(加圧および潤滑)
2番目の段階では、圧力を上げて高圧潤滑油を導き、ピストンバルブを押し上げて通路を開放し、ピストン上部の測定室にオイルまたはグリースが流れ込み、ピストンを押し下げます。インジケータロッドが収縮している間。 その間、測定室は潤滑剤で満たされ、排出室から潤滑剤を排出口から潤滑点まで加圧しています。

第三段階(放電後の潤滑)
HL-1インジェクターピストンストロークの完了後、圧力が入口バルブのプランジャーを押してその通路を通過させ、前の通路への潤滑剤の流入を遮断します。 アウトレットポートへのグリースまたはオイルの排出が完了すると、インジェクターピストンとインレットバルブは、供給ラインを介して各潤滑ポイントに潤滑剤圧力がかかるまで、通常の位置のままになります。

HL-1潤滑剤インジェクター操作ステージ3
HL-1潤滑剤インジェクター操作ステージ4

第4ステージ(圧力解放)
HL-1インジェクターで圧力を抜いた後、それに応じてインジェクタースプリングが膨張し、
入口バルブを動かして、通路と排出室をバルブポートで接続します。 インジェクターの入口ポートの圧力が4.1Mpaを下回る必要があるため、ポンプとインジェクターに接続されたオイルとグリースの供給ラインを圧力から開放する必要があります。
スプリングがさらに伸びると、ピストンが上方に移動し、インレットバルブが閉じた位置になり、その位置で測定室からポートが開き、オイルまたはグリースが上部室から吐出室に移動します。 事前に設定した量の潤滑剤が上部チャンバーからリリーフチャンバーに移され、圧力が抜かれると、HL-1インジェクターは通常の作業位置に戻り、次の潤滑サイクルの準備が整います。

HL-1オイルグリースインジェクターの一般的な寸法。 マニホールド付き

潤滑剤インジェクターの寸法
説明ディメンション「A」ディメンション「B」
インジェクター、HL-1、ワンポイントN / A63.00mm
インジェクター、HL-1、2点76.00mm
インジェクター、HL-1、スリーポイント31.70mm107.50mm
インジェクター、HL-1、フォーポイント63.40mm139.00mm
インジェクター、HL-1、ファイブポイント95.10mm170.50mm
インジェクター、HL-1、シックスポイント126.80mm202.70mm