潤滑プログレッシブディストリビュータLV、JPQ-Lシリーズ

製品:  LV、JPQ-L 潤滑プログレッシブディストリビュータ 
製品の利点:
1 第二段階としての進歩的なタイプの潤滑剤分配器
2 最大 20MPaまでの動作圧力、6〜12番号オプションの出口ポート
3.チェックバルブによる信頼性の高い圧力出力、大量のグリース供給

潤滑の進歩的なディストリビューターは二段式グリースディバイダーとして二重ライングリースの中央潤滑システムに装備されているグリース潤滑の進歩的なディストリビューター弁としてLVシリーズかJPQ-Lシリーズです。 最初に二重ラインディストリビューターを通したJPQ-Lの第2ディストリビューションの後で、潤滑は各潤滑ポイントに移ります、両側に潤滑の進歩的なディストリビューターLVシリーズまたはJPQ-Lシリーズの2つの出口ポートがあります。各出口に逆止弁が付いているので背圧が高く供給管路が長くなります。

潤滑プログレッシブディストリビュータLV(JPQ-L)の各ディストリビュータハウスには2種類のアウトレットがあり、グリース供給量を増やすために他のポートを接続ブロックで結合して、パイプラインに簡単に取り付けることができます。 潤滑プログレッシブディストリビュータLVシリーズ(JPQ - Lシリーズ)は集中的な潤滑点と同じ供給量を必要とするような作業条件のために主に利用可能です、ディストリビュータが最初の二重ライン分配処理からうまく機能するかどうかを確認するのは簡単です。

潤滑プログレッシブディストリビュータLV、JPQ-Lシリーズの注文コード

LV106C*
(1)(2)(3)(4)(5)

(1) LV(JPQ-L) =潤滑プログレッシブディストリビューターLV、JPQ-Lシリーズ
(2) 最大 操作圧力 = 1:20Mpa / 200bar
(3) アウトレットポート番号: =オプションの場合は6、8、10、12
(4) グリース量/サイクル = C:0.16mL / cyc。
(5)* =詳細情報

潤滑プログレッシブディストリビュータLV、JPQ-Lシリーズ技術データ

モデルマックス。 圧力吐出量あたりクラッキング圧力アウトレットnAB重量
スタンダードコードを置き換える
LV-106C6JPQ-L0.1620Mpa0.16ml / CYC。≥1.2Mpa6656701.7kg
LV-108C8JPQ-L0.168856701.7kg
LV-110C10JPQ-L0.16101078922.3kg
LV-112C12JPQ-L0.16121078922.3kg

注意:
– 0〜1(265C、385 g)25/150 mmの中程度の浸透度を持つ(NLGI1#-10#)を使用しました。
–ポートへのいずれかがブロックされると、ディストリビューターは機能しなくなります
–グリースの量をXNUMX倍にするか、ポートの数を減らす必要がある場合は、接続ブロックを使用してください

潤滑プログレッシブディストリビュータLV、JPQ-L取付寸法

潤滑プログレッシブディストリビュータLV、JPQ-L寸法

接続ブロック寸法

潤滑プログレッシブディストリビュータLV、JPQ-L接続ブロック